小林良彰の緊急提言、新型コロナの消毒で足りないところ。

言いにくいことですが・・・

今から言いにくいことを言います。まだ世界中でだれも口にしていません。気が付かないのか、それとも、言い出しにくいのか。いうと、袋叩きにされないかな。
それでもいうのが私で、市民革命の理論もそういう流れの中で発表してきました。その意味では共通点がある。だからこのサイトを借りました。

手洗いうがいは基本ですが

手洗い、手の消毒、マスクとともに、これが基本です。それはもう万人が知っていて、実行しています。しかし、それで本当にその目的を達成しているのかな。なぜ手の消毒をするのか。それは、手からコロナウイルスが体の中に入り込むからではありません。粘膜から入り込みます。もう一つ、傷口(目に見えないほどの小さなものでも)からです。これ重要です。普通、この説明をするとき、目、鼻、口の粘膜を取り上げます。

トイレの前の手洗いを。


さてお父さんが仕事場で、家庭で、手の消毒をする。しかし、通勤途上、手すりその他で少しウイルスが付いた。家に帰って、手の消毒をすればウイルスは退治することができたはず。しかし、途中で公衆トイレに入って、小用をしてきた。当然、槍を支えます。そのまま出てくる。この前後、多くの人が手を洗わない。特に前に洗う人はいない。後ろは最近増えたかもしれない。
まあそれはどちらでもよい。前が問題なのです。お父さんの手に少し着いたコロナウイルスが、槍の穂先で新居を構えて、じっとしている。お父さんは家に入って、念入りに手を消毒する。これで万全と思っていると、再度小用に行くから、手にも一部戻ってくることになる。こうして、お父さんは、家の中で、手と槍の両方にウイルスを持ったまま生活するのです。最後に粘膜との接触、微小な傷口、何を言っているかわかるでしょう。参考までにこちらをお読みください。
これでどうなるか。いわなくてもわかるでしょう。お父さんだけでもないですよ。すべての人がこういうことで、病原体になるのです。
とても止めることはできないが、半分くらいに減らすことができるのは、トイレの入り口に消毒液を置いて、小用の前に手を清潔にするという風習を作ることでしょう。消毒液がなければ、せめて手洗いをしてからということにしてはどうですか。女性のことは言えないので、自分らで考えてください。「前に手洗いを」というのは、人類はじまって以来のことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA