続 ナポレオンを呼び戻した二人の銀行家

ナポレオンは北イタリアからウィーンに迫り、オーストリアを屈服させ、戦争を終わらせた。これで最も強力な敵国を対仏大同盟から離脱させた。これでナポレオンはフランスの英雄になった。1798年エジプト遠征に出発した。陸上の戦争ではかったが、海戦では敗北した。このとき手紙が本国から届いた。フランスが危機にあるので、本人だけが帰ってきてほしいというのである。そこでわずかな供回りを連れて帰国した。
この手紙の差出人はだれか。これがボナパルテイズムの本質を表しているが、ほとんどの歴史書には書かれていない。二人は銀行家であるが、この頃は個人銀行家であり、普通預金の銀行家ではなく投資銀行家であった。ペルゴ、ルクツーという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA