べサメ・ムーチョ Besame Mucho

                                                                                                 コンセロ・ヴェラスケス作曲
                           Yosiaki Kobayasi piano and   vocal
                                                                                                 小林良彰 ピアノ、歌唱、日本語作詞
Besame  Besame Mucho
Como  si  fuera  este  noche  la  ultima  ves.  Besame  mucho 
Que  tengo  mie do perderte  perderte  despues. (o  traves.二番目の歌唱ではこうなります)。
Quiero  tenerte  muy  cerca  mi-rar-me en tus  o  jos  verte  jun-to a mi.
Pien-sa  que  tal  ves  ma  na-na  yo  yo-estare  le   jos  muy  le  jos  de  ti.
Besame  Besame  Mucho 
Como  si  fuera  esta  noche  la  ultima  ves.  Besame  Mucho
Que  tengo  mie do  perderte perderte  amor.   
この歌は、はじめ、死にゆく人の胸の内を思いやって作られたものですが、それではあまりにも悲しいので、一筋の希望を加味して、愛の期待を歌うような歌い方に変わりました。そこで、はじめ、昔の歌い方、次に今の歌い方にしてみました。日本では、はじめ原文とは関係なく、ただべたべたの愛を歌うものとして登場しました。しかし今、原文からすると、それはおかしいという批判が出てきました。そうすると、歌いたくても、歌えないという状況が出てきました。これでは、この歌がうずもれてしまう。名曲だのに惜しい。そこで、私は原文の意思を生かして、新しい歌詞を作ってみました。
べサメ・ムーチョ
1 べサメ・、べサメ・ムーチョ
今宵限りの 二人になるでしょう。 強く だきしめて あなたを残して、いくのが怖い。
お願いだから、私のそばに、ついていてほしい。
あなたを見つめて、微笑みかわし、安らかに行くの。
強く、強く、だきしめて、初めての夜のように、やさしく
もっと だきしめて  あなたの愛と、ともに行くの。
2 べサメ・べサメ・ムーチョ
あなたは、私の、星の王子様。 気高い口づけを。素敵な未来を夢見るまでに。
力を合わせて、希望が見えたと思えたその時、
私の命が尽きることとは、思いがけなく。
強く、強く、抱きしめて、初めての夜のように、やさしく、
もっと、だきしめて  わたしは活きます、永遠の愛を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA