アメイジング グレイス Amazing Grace

                          作曲者不明
                          作詞ジョン・ニュートン                                                                                                              小林良彰 ピアノと歌唱、日本語作詞
アメリカ生まれの讃美歌ですが、曲は民謡のようなのもので、この目的で作られたものではありません。作詞者が自分の思いを、この曲に載せたものです。目を見張るような神の恩寵という意味ですが、グレイスは女の子に付ける名前でもあります。マリアもそうですが、グレイス・ケリーは誰でも知っています。実は、これをイタリアではグラツイエといい、スペイン語ではグラシアスといいます。ともにありがとうという意味です。グラシアスを日本人が聞くと、ガラシャに聞こえます。戦国時代、細川ガラシャという女性が出てきました。熊本藩主の祖先です。これを英語流にいうと、グレイス・細川となります。そういうことを考えながら、この曲を歌うと、日本の歌を歌っているような感じになります。
ただし、歌詞の2番は、神に対する恐れをテーマにしているので、日本人にはなじみにくいものです。だから、省略しました。
1Amazing grace ,how sweet the sound                    目を見張る神の恩寵 なんと甘美な響きか
   that saved a wretch like me          救ってくれた 私のようなつまらぬものでも  
   I once was lost ,but now I’m found,       私は一度見失ったしかし今見出した。(自己を)
   was blind ,but now I see.           目が見えなかったが、今は見える。(精神的   
 3Through many dangers ,toils and snares     多くの危険と、誘惑と(聖書でいう悪魔の誘惑) 
   I have already come             くぐりぬけて、ここにいる。 
   T’is grace has brought me safe thus far     それは神の恩寵 そこから遠く離れたところに 
   and grace will lead me home.         連れてきてくれ、家庭に導いてくれた者は。
                             
                                                                                                     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA