第十四条鬼より怖いダメ詰まり

ダメの詰まりが身の詰まりともいう。終盤にかけて、ダメがつまったとたんに、大石が死ぬ。これで自分が喜んだり、絶望したりする。このダメと前条のダメは違う。相手が最後まで慎重に打って来る場合、この最後の一手に期待している場合が多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

第十三条ダメを走らせる。

次の記事

下手な考え休むに似たり