第十六条序盤のこげいまじまり

級位者が最初から長考してもいみがない。早く打つために星に打つ。次にこげいまにしまる。次に星から三線に下がり、白石が接近してくると、しまった石から一間に飛ぶ。置き碁はこの辺りまでさっさと打ち進める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA