第十八条厚みを重複させない

厚みを作り、その付近またはそのいちぶに、強力な石を作る。これは石のむだずかいになる。碁は1手ずつ交互に打つものです。余分な手をうつのは、置き碁で一目増やすこととおなじ効果を生み出す。その逆として、相手の厚みを重複させることが勝ちにつながる。これは、上手がが下手にたいしてつかう常套手段である。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA