第二十三条ヘボこすみと言われるが

初心者のころ注意されるのは、やたらとこすむことであった。四段くらいのひとでも、序盤三間に開いた白石にこすみつける。これを注意され続けて、こすまなくなる。その頃に死活問題で、こすみの妙手がでてくる。とくに、三線から二線、ニ線から一線に。この変化に順応するべし。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

健康長寿