第二十六条かけつぎのあたりは避けよう

白石一目をあたりにしたとき、黒石三つがかけつぎの形になり、はんたいがわにもうひとつ黒石がある。これは避けるべきで、反対側からあてて、しぼるかたちにもっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

第二十五条突入の条件