第三十二条心がけひとつで上達できる。

この心境の変化をあらかじめ知っておいて、低段者のころからそのようになろうと努力する。それだけでも、上達の早さが違ってくる。下手打ちは手が荒れる、という前に、どのような局面でも次の正しい一手、盤上この一手、これを模索し、相手が間違ったならば、これを正しく咎める手はなにかと考える。こうすれば上達は早くなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA