第三十四条 碁は石の効率を争うゲーム

これは優先順位の高い基本原則であるが、これを実践で実現することは難しい。両けい逃すべからずと打ったところ、自分の石はすでに生きていて、強い石であった。これでは効率が悪い。これが敗着となって負けてしまった実例を、プロ高段者の勝負でみた。アマならば絶えずしていることだろう。これをいかにして減らすかと気を付ける。強い石からは動くなということである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

第三十五条 囲碁十訣