第44条 捨小就大 しゃしょうしゅうだい

小を捨てて、大に就くべし。これは誰が聞いてもわかる言葉であるが、よし分かったといったところで、本当に実行できたのかと言われると、そうではない。五目の石を捨てて、六目の石を取るのならば、これは誰にでもできる。しかし、大、小とはいっても石を取ることだけではない。どれだけ大きく地を囲うかも「大」に就くことになる。さらにその逆で、相手の大きい地を削減したり、大きい地ができそうなところに、「おじゃまむし」よろしく先着する、これも大に就くことになる。その意味では、序盤の三手目、四手目ですでにどこが一番大きい手か、「あちらが魅力的な場所ではあるが、こちらが一、二目大きい」などと判断を下して打つ、これを数多く繰り返したものが有利になる。そういう意味では、序盤の早い時期に、第2線に石を置くことは、反撃のための根拠を除いては、効率が悪い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA