立つときは体重を前に。

ただ立てばいいというだけではありません。まず体重にかけ方で、ほとんどの日本人に問題があります。西洋人にはそれが少ないように見えます。なにかというと、日本人はほとんど踵に重力が書かています。駅のホームで立っている姿を見てごらんなさい。後足の踵で立っています。これをそのまま前足の親指の付け根にゆっくりと移します。すると、当然つんのめらないように膝が抵抗して、膝が伸びます。これを何回か繰り返すだけで、膝も伸びます。また腰にも柔軟性が出てきます。気が付くとまた後足に戻っています。その時また前に戻せばよいので、これを繰りかえすだけで、体操になります。もちろん左右交互にすればよいのです。立つことが体操になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

続