六段に7子置かせて勝つ

私事ながら、昨日世にも奇妙なことがありました。例の私の友人、東大卒、各国大使歴任,囲碁6段で鎌倉のあちこちに出席している人物、この人と碁を打っていました。3月ごろは、彼が3子から2子を置いていました。ところがそれが4子になり、5子になり、6子になり、ついに7子になりました。いくら何でもこれは負けると思いました。今までも、一目増えたときは負けています。それで心して打ちました。すると、なんと、中押し勝ちになりました。いったいこれは何だと思います。それだけの実力がついたとは思えない。しかし事実はこうだ。いったいどうなっているのか神様にでも聞きたいという心境です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

テルミドールの反革命

次の記事

テレビを見ながら健康を