ぎっくり腰予防の寝起き体操

前回の記事に続いて、仰向けからうつぶせの状態に入ります。そのまま頭と足を挙げて弓なりにそらせます。手は一直線に伸ばして、耳にすれすれになるのが理想です。はじめのうちは惨めなくらい反ることができませんが、とにかく毎日一度はすることにします。
次に、腰を引いて、正座の姿勢になり、お辞儀をします。しかしただのお辞儀ではなく、腰の柔軟性を目指すのだから、胸を膝頭につけるようにじわじわと押し付け、手はまっすぐに伸ばして五体投地礼のようにします。さらに進むと、割座になって、腹を布団に押し付けるようにします。
これでしばらくしてから、腰を立てるようにして手と足でくの字型を作ります。さらに腰を揺らせて、柔軟性を維持しようとします。最後にもう一つ、膝をつき、手をつき背骨をそらせます。その時首、頭もそらせます。次に反対に首、背骨を丸めます。慣れてくると、これを何回か繰り返します。これで立ち上がって、一度後ろ反り、反転して前にかがみ、合掌して終わりますが、合掌の時は両手を強く押し付け、下へ押し下げます。当然息は深く吐きます。これで起きることになりますが、この方法で腰の柔軟性を維持すると、軟骨の量を減らすことなく、ぎっくり腰の予防になります。逆の方向、つまり立ったまま腰を曲げると、そのことがぎっくり腰になる動機を作り出します。さりとて、それが怖いので、膝を曲げて物をとるという行動を繰り返していると、腰の柔軟性を失うことになります。小笠原流だけでは危ないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA