はねつぎに対する手抜きは危険

よせにはいって、第一線のはねつぎが始まります。お互い、それで後手を引かないように、相手が継いでくれそうなところを優先して打ちます。手抜きをされた場合、後手を引かされることになるので、失敗だったことになります。「おのれ、なめた真似を。一泡吹かせてやろうか」。これはあいさつをされなかった側の心境です。
この手抜きは、棋力の向上とともに始まります。初心者のころは何が何でも継いでしまう。それで常に後手を引きます。継がなくてもよいところまで継いでしまう。やがて自信がついてくると、大丈夫とみると、手抜きをして自分が先手を取ります。それでよいのですが、その「大丈夫」本当に大丈夫なのか、これを見切ることは一つの真剣勝負だと思って、周りの状態を観察する必要があります。三段の友人と打っているとき、「その手抜き大丈夫ですか」、「大丈夫です」、「本当?」、もう一度見渡して、「大丈夫です」、「それなら」というわけで二線に切ります。相手は逃げる。こちらは追いかける。やがて御用にしてしまって、相手投了になりました。
ほとんどの場合、反対側の石の運びと連動します。つまり、そこだけを見ると、切られても逃げ延びられるから、逃げ延びた以上、こちらが勝ちで、相手の石が持ち込みとなります。それを見て大丈夫だと思います。しかし反対側に切り口ができたり、ダメが詰まってくると、そうではなくなってきます。手抜きされた相手はそこをじっと見ています。手抜きした側は、もう安全とばかり、警戒心を解いてしまっています。昨日もそういうことがあったので、二段の人が片側を手抜きして、反対側のだめを詰めたので、すかさず切を入れると、面白い詰碁の形になって、全滅しました。その時、「上手がはねつぎを打った時は、手抜きされるかどうかをあらかじめ考えて打つので、手抜きした場合、ほとんどは不利になると思わなければ」といいました。まあ、手抜きしても、した手打ちなら大丈夫ということもあり得ますけれども。こういう風に頭が回るのが、すでにした手打ちの弊害に感染しているのかもしれませんが。反省、反省。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA