歯磨きは食直後か、30分の後か

先日、テレビを見ていると、LPSについての健康法を取り上げて、食直後の歯を磨くという条件を付けている女医さんのことが放映されていました。(この横文字については、今は説明しません)。直後に歯を磨くことについてだけ、問題にします。
ずっと昔は、3,3,3、と称して、すぐ磨けと、歯医者さんたちが推奨していました。今は誰も言いません。理由の一つ、酸味のあるものを食べると、歯の表面が柔らかくなる。その後ごしごし磨くと、表面が削られる。つまり、熱心になればなるほど、歯を削り取ることになる。だから、せめて、30分は明けて、唾液が酸の効果を中和するまで磨くのを待てというものでした。
しかし、はちみつを食べた後では、すぐに磨くのが良いと女医さんは言います。これもその通りでしょう。べっとりとした糖分が歯と歯茎の付け根に張り付きます。それは時間を置くと取れなくなります。これはこれで、弊害が出てきます。この下に、嫌気性細菌が繁殖します。これが害毒をまき散らします。だから直後に磨くのがよいと言うわけです。
さてどちらにしようか。生きていくことは難しい。はちみつ、甘いものを食べたときはすぐ磨く。酸味のあるものを食べたときは時間を置く。歯ブラシは柔らかみのあるものを使って、歯と歯茎の接点に狙いをつけて磨く。強すぎて炎症を起こさないように気を付ける。裏側は鏡を見ながら丁寧に食べ物のかすを落とす。まあ、こんなところで折り合いをつけるのはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA